Page: 1/1   
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
[Debian]日本語環境にする
JUGEMテーマ:Debian


Debianをインストールした素の状態だと英語環境なので、
日本語環境に設定したいと思います。

/ # aptitude update
/ # aptitude install locales

インストールしただけだとダメなので、設定もします。
/ # dpkg-reconfigure locales

GUIのような画面が出てくるので、
下にスクロールして「ja_JP.EUC-JP EUC-JP」、
ja_JP.UTF-8 UTF-8」の二つを選択してOKしてください。
その後もう一度聞かれるので、
ja_JP.UTF-8」を選択してOKしてください。
etchでは「UTF-8」が推奨されているためです。

以上で設定は終わりですので再起動して日本語化されていることを確認してください。
| おおき | 22:12 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
[Debian]パッケージ管理のaptitudeの取得サーバーリストを更新する その2
JUGEMテーマ:Debian


以前「[Debian]パッケージ管理のaptitudeの取得サーバーリストを更新する」で紹介した、
「sources.list」の自動作成ですが、
「apt-spy」というコマンドを使用しても可能なようなので紹介します。

まずは下準備。
# / aptitude update
# / aptitude install apt-spy

まずはヘルプを表示してみましょう。
# / apt-spy -h

-d distribution Debian distribution (ie, stable). Required unless updating.
-a area Area to benchmark. (eg, Europe).
-c config Configuration file to use.
-e number Number of servers to benchmark before exiting.
-f file File to grab when benchmarking. (relative to Debian base).
-i file Specify input file. For use with the -w option.
-m mirror-list Mirror list to use, or mirror-list to update when updating.
-o output-file Where to put output.
-p proxy Proxy server to use. In format :[port]
-s country_list List of countries to benchmark. Cannot be used with -a.
-t time Time to benchmark each server for. An approximate value only.
-u update-URL URL to grab mirror-list from when updating.
-w file Output top servers (5 by default) to file for use with -i.
-n number Specifies number of top servers to output with -w.
-v Output a version number.
-h Display this message.
update Update the mirror list.

上記より、こんな感じでやってみました。
# / apt-spy -d stable -s JP
これだと/etc/apt/sources.listが直接上書きされるので、
それが困る人は「-o」を使ってファイルの出力先を指定してもよいかもしれません。

以前紹介した「netselect-apt」よりこっちのがよさげですね。
| おおき | 21:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
[Debian][セキュリティ強化]sshをインストールし、telnetを削除する
ゆくゆくは外部公開を考えているのでtelnetからsshへシフトしたいと思います。

まずはsshのインストール。
# / aptitude update
# / aptitude install ssh

手元のPCから改めてsshでログインし、telnetを削除する。
# / aptitude remove telnet

たったこれだけ。
他にもセキュリティ強化する箇所があるだろうな。
いろいろ調べてみます。
JUGEMテーマ:Debian


| おおき | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
[Debian]ddclientを使用してDynDNSの情報を更新する
ゆくゆくは外部公開する予定なので、DDNSを利用します。
いろいろ無料のサービスがありますが、
ここではDynDNSを採用します。
すでにアカウント登録済みの前提で進めます。

まずは自動更新用の「ddclient」をインストールします。

# / aptitude update
# / aptitude install ddclient
するとインストールの途中で設定画面が立ち上がりますので、
以下のように選択します。

 [Choose dynamic DNS service provider]
  www.dyndns.org
 [Your DynDNS fully qualified domain names]
  取得したドメイン名
 [Username for dynamic DNS service]
  ユーザ名
 [Password for dynamic DNS service]
  パスワード
 [Interface used for dynamic DNS service]
  eth0

これで一応インストールは終わりですが、
一部設定出来ていない部分があるので、再度設定します。
# / dpkg-reconfigure ddclient
ここで上記設定に加え、下記を設定します。
 [Run ddclient on ppp connect]
  
 [Run ddclient as daemon?]
  
 [ddclient update interval]
  1h ←更新間隔

さらに、私の環境だといわゆるブロードバンドルータを使用した
NAT環境なので、設定ファイルを以下のように修正します。
# / vi /etc/ddclient.conf
use=web

デーモンを再起動します。
# / /etc/init.d/ddclient restart

尚、最初から設定し直したい場合は、以下のコマンドを使用します。
# / dpkg-reconfigure ddclient

JUGEMテーマ:Debian


| おおき | 21:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
[Debian]ntpを利用して時計の自動調整をする
なにはともあれまずは時計合わせ。
「ntp」を使用します。

# / aptitude update
# / aptitude install ntp

ntpの設定ファイルに参照するntpサーバーを記載します。
利用するサーバーは各プロバイダ等へ確認してください。
ここではjst.mfeed.ad.jpを使用したいと思います。

# / vi /etc/ntp.conf

「server ○○」という記述を探して、下記のように書き換えます。
server ntp1.jst.mfeed.ad.jp
server ntp2.jst.mfeed.ad.jp
server ntp3.jst.mfeed.ad.jp


ntpを再起動します。

# / /etc/init.d/ntp restart

正しく同期できているか確認します。

# / ntpq -pn

   remote     refid   st t when poll reach delay offset  jitter
==================================================
*210.173.160.27 210.173.160.86 2 u  42 64  1  4.439  85.692  0.015
210.173.160.57 210.173.160.86 2 u  41 64  1  3.565  85.794  0.015
210.173.160.87 210.173.160.86 2 u  40 64  1  5.122  85.920  0.015
こんな感じになると思います。
頭に「*」がついていれば同期が出来ています。
ntpを起動した直後だと同期が出来ていないので、
ついていないかもしれません。
数分待てば同期されると思います。
JUGEMテーマ:Debian


| おおき | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
[Debian]パッケージ管理のaptitudeの取得サーバーリストを更新する
パッケージ管理用のコマンドには「apt-get」と「aptitude」の二つがあるが、
どうやら「aptitude」を使った方がよさげなので、
当方ではこちらを使用していきたいと思います。

まずは何はともあれパッケージ情報の更新から。
# / aptitude update

ネットワーク的に距離が短いミラーサイトを探すには
「netselect」というコマンドと、
Debianのサイトにあるミラーサイトのリストが必要なのですが、
実は「netselect-apt」という便利なコマンドがあるとのことなので、
こちらを使用したいと思います。
(ミラーサイトの負荷分散のためにも、各自でこの設定をすることをオススメします)

# / aptitude install netselect-apt

この「netselect-apt」を実行すると、カレントフォルダに、
「sources.list」というファイルをはき出します。
これを「/etc/apt/sources.list」と置き換えれば完了です。
(置き換える前にオリジナルファイルはバックアップしておきましょう)
JUGEMテーマ:Debian


| おおき | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

コンテンツ検索

当サイト内の検索にも便利です。
 
※別窓が開きます

Amazon

Amazonおまかせ紹介

カウンター

ブログパーツUL5

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Profile

Sponsored Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode


当サイトに記載の方法をを利用して不具合が生じても、当方では一切の責任を負いかねます。
.