スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
[Debian]ntpを利用して時計の自動調整をする
なにはともあれまずは時計合わせ。
「ntp」を使用します。

# / aptitude update
# / aptitude install ntp

ntpの設定ファイルに参照するntpサーバーを記載します。
利用するサーバーは各プロバイダ等へ確認してください。
ここではjst.mfeed.ad.jpを使用したいと思います。

# / vi /etc/ntp.conf

「server ○○」という記述を探して、下記のように書き換えます。
server ntp1.jst.mfeed.ad.jp
server ntp2.jst.mfeed.ad.jp
server ntp3.jst.mfeed.ad.jp


ntpを再起動します。

# / /etc/init.d/ntp restart

正しく同期できているか確認します。

# / ntpq -pn

   remote     refid   st t when poll reach delay offset  jitter
==================================================
*210.173.160.27 210.173.160.86 2 u  42 64  1  4.439  85.692  0.015
210.173.160.57 210.173.160.86 2 u  41 64  1  3.565  85.794  0.015
210.173.160.87 210.173.160.86 2 u  40 64  1  5.122  85.920  0.015
こんな感じになると思います。
頭に「*」がついていれば同期が出来ています。
ntpを起動した直後だと同期が出来ていないので、
ついていないかもしれません。
数分待てば同期されると思います。
JUGEMテーマ:Debian


| おおき | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 20:40 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

コンテンツ検索

当サイト内の検索にも便利です。
 
※別窓が開きます

Amazon

Amazonおまかせ紹介

カウンター

ブログパーツUL5

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Profile

Sponsored Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode


当サイトに記載の方法をを利用して不具合が生じても、当方では一切の責任を負いかねます。
.