スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
[玄箱Pro]標準のHDDブート環境からDebian環境を構築する(準備編)
JUGEMテーマ:Debian


無事シリアルコンソールを使えるようになったので、
Flashを初期化することができました。
(手順の詳細は玄人志向HPよりDLできるマニュアルを参照)

というわけで改めて標準HDDブート環境からDebian環境を、
ハックキットを使わずに構築したいと思います。
特に問題が起きなければシリアルコンソールの出番はありません。
今回の作業をするにあたり、
改めてJun's Homepageさんを参考にさせていただきました。

Debianのオフィシャルを見てもらうとわかりますが、
いくつかあるインストール方法のウチ、
「debootstrap」を使用した方法を使います。
何はともあれ標準HDDブート環境で
「debootstrap」を実行できるようにしなければなりません。
今回はその準備をしたいと思います。
まずは「debootstrap」の動作に必要なコマンド類のうち、
標準のHDD環境に無い物のソースを手に入れます。
・「debootstrap」これがなければ始まりません
・「MAKEDEV」debootstrapを実行するために必要です
・「MAKEDEVのパッチ
・「wget」これもdebootstrapを実行するために必要です
・「patch」MAKEDEVにパッチを当てるために必要です。

1.まずは玄箱Proを起動します。
2.手に入れたソースを玄箱Proへ転送します。
 Windowsからエクスプローラでhomeの下にsrc、
 さらにその下にtgzディレクトリを作ってそこへ転送します。
 以降は玄箱Pro上での作業になります。

3.準備したコマンドのMakeとインストール
3.1.patch-2.5.4のインストール
/ # cd /home/src
/home/src # tar zxf tgz/patch-2.5.4.tar.gz
/home/src # cd patch-2.5.4/
/home/src/patch-2.5.4 # ./configure
/home/src/patch-2.5.4 # make
/home/src/patch-2.5.4 # make install

3.2.makedev_2.3.1-83のインストール
MAKEDEVはバイナリではなくシェルスクリプトなので、
展開後にpatchを当ててパーミッションを変更して/sbinに移動します。
また/dev/MAKEDEVに/sbin/MAKEDEVへのシンボリックリンクを作成します。
/home/src# tar zxf tgz/makedev_2.3.1.orig.tar.gz
/home/src# patch -p0 <tgz/makedev_2.3.1-83.diff.gz
/home/src# cd makedev-2.3.1.orig/
/home/src/makedev-2.3.1.orig # chmod +x MAKEDEV
/home/src/makedev-2.3.1.orig # cp MAKEDEV /sbin
/home/src/makedev-2.3.1.orig # ln -s /sbin/MAKEDEV /dev/MAKEDEV

3.3.wget-1.10.2のインストール
/home/src # tar zxf tgz/wget-1.10.2.tar.gz
/home/src # cd wget-1.10.2/
/home/src/wget-1.10.2 # ./configure
/home/src/wget-1.10.2 # make
この際エラー終了しますが特に問題ないので先へ進みます。
/home/src/wget-1.10.2 # make install
ここでもエラー終了しますが、同じく問題ありません。

3.4./etc/groupの作成
標準HDDブート環境には/etc/groupが無いので作成します。
/ # vi /etc/group
root::0:root
bin::1:root,bin,daemon
daemon::2:root,bin,daemon
sys::3:root,bin,adm
adm::4:root,adm,daemon
tty::5:
disk::6:root,adm
lp::7:lp
mem::8:
kmem::9:
wheel::10:root
floppy::11:root
mail::12:mail
news::13:news
uucp::14:uucp
man::15:man
users::100:games


3.5.debootstrapのインストール
/home/src # tar zxf tgz/debootstrap_0.3.3.2.tar.gz
/home/src # cd debootstrap-0.3.3.2/
ここでMakefileを一部編集します。
/home/src/debootstrap-0.3.3.2 # vi Makefile

DEVS := generic-arm hde hdf hdg hdh sde sdf sdg sdh scd-all initrd input usb md


/home/src/debootstrap-0.3.3.2 # make
/home/src/debootstrap-0.3.3.2 # make install-arch

以上で標準HDDブート環境の準備が整いました。
次回はいよいよDebianインストールです。
| おおき | 21:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 21:51 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

コンテンツ検索

当サイト内の検索にも便利です。
 
※別窓が開きます

Amazon

Amazonおまかせ紹介

カウンター

ブログパーツUL5

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Profile

Sponsored Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode


当サイトに記載の方法をを利用して不具合が生じても、当方では一切の責任を負いかねます。
.